ウォーキングに目覚めて生活の質が変わった人の話

仕事が接客をともなうため、どんな嫌な相手であろうと笑顔で対応しなければなりません。
上から目線でも嫌味でもお客様に対して失礼があってはならないのでいつも神経をすり減らしているのでストレスがたまってしまいます。

また彼や友達にその愚痴を話してもあまり理解されずにひとりで悶々とすることがあります。

そんなときに私はひとりでカラオケに行きます。
1時間や2時間ではなくフリータイムで予約します。

そして部屋の中で遠慮なく自分の好きな歌を歌い、誰に気兼ねすることなく好きなものを飲み食いします。
ひとりカラオケならマイナーなアーティストだろうがサビの部分しか知らないう歌だろうが問題ありません。

人の目を気にすることなく声が枯れるほど叫んで歌うことで日ごろのストレスを解消できるのです。

それでまた仕事を頑張ろうかなという気持ちになって1か月くらいは笑顔でいられます。
でもまたストレスがたまるのでひとりカラオケに行ってしまいます。

子育て、家事、仕事に忙しくしていることがストレスになってきました。

気分を変えたくてもたくさんの時間がありません。

このままの生活を続けていくのはムリだと感じました。
私は週末に一人だけの時間を作ることにしたのです。
私が家にいて家族から離れるだけではストレス解消になりません。

だから夜に家の近くの飲み屋に行くようにしました。

家族のご飯を用意し、夫が家に帰ってきたら子供を置いて一人で飲みに行きます。

そのお店で、仲良くなった常連さんたちとおしゃべりをすることでストレスが発散されます。

常連さんたちは年齢も性別もバラバラです。
みんなが違う境遇ですがその人たちと話すことで日常の生活から離れることができるのです。

近所、子供の友達の親などのしがらみがないのですごくらくです。
近所の情報交換ができるので生活の役に立ちます。

そこに行く時間は2~3時間ですが一人で飲みに行くようになってから心が軽くなりまた明日から頑張ろうと思うのです。

よりキレイを目指す“あなた”にお勧めしたいオールインワンジェル♪

ずっと触っていたくなるような触り心地の良い肌を目指して

わたしは物心ついた時から極度の乾燥肌でした。
その中でも特に腕の乾燥が目立っていて、今までは粉をふいている箇所を見つける度にクリームを塗り込むという対処療法のようなことばかりしていました。
しかし、テレビで芸能人の方の乾燥知らずな綺麗な肌を見て憧れを持ち、わたしもあんな肌になりたいと思ってケアをするようになりました。

具体的にはシャワーを浴びた後、腕に化粧水、乳液、クリームを塗り、特に乾燥しやすい肘にはオイルを塗るようにしました。
なぜこの方法にしたかというと、わたしの場合顔は乾燥しなかったので、顔と同じケアをすれば腕の乾燥も改善するのではないかと考えたからです。
このケアを始めて2週間程経ちましたが、朝起きて腕を触るとクリームが馴染んでしっとりしており、自分でもずっと触っていたくなるような感触になっています。

もちろん日中の乾燥も一切なくなりました。
さらに嬉しいことに腕の毛穴も目立ちにくくなりました。

紫外線により肌のダメージ、くすみが気になっているので美白効果のあるスキンケアを使っています。
使うようになってからは肌に透明感がでてうるおいがでてきました。
日焼け止め効果のある下地を使っているので紫外線も気になりません。
美白効果のあるスキンケアでもっと透明感をだしたくてお手入れ、美白パウダーを使っています。

美白効果のあるスキンケアで1番のお気に入りが美白効果のあるスキンケアパウダーです。
ファンデーションの上からパウダーとしても使え、サラッとして化粧もちがよくなります。
いつものメイクですが肌の色が生きいきとして見えます。

夜のお手入れの最後に使うと、いつでも「ふわっ」とサラサラして、透明感がでます。
メラニンの生成を抑えてくれるのでパウダーをつけながらお手入れをしています。
化粧水、乳液、美容液、クリームのあとにつけていますがお肌はサラサラで気持ちがいいです。
素肌がきれいに見えるので堂々とスッピンで外に行けます。

よりキレイを目指す“あなた”にお勧めしたいオールインワンジェル♪

私のリラックス方法は温泉につかること

仕事がどうもうまくいかなくて、仕事の出来具合がよくなかったり、また同僚との間に摩擦が生じたりして、更には上司には注意される回数が増えたのがストレスの原因です。

元々ストレスに対しては強い性格ではないので、今までにも転職の経験があります。
ストレスに負けないだけの性格でありたいのですが、これは一朝一夕で改善されるものでもないので、その代わりにストレス解消を行っています。
私のストレス解消方法は温泉に行って、温泉にゆっくりつかって、ぼーっとしていることです。

さすがに温泉場に何泊もできないので、家から日帰りで行ける距離の所に行っています。
温泉に入った当日と翌日ぐらいは気分がいいのですが、温泉から帰ってきて2日以降になるとまただんだんとストレスが溜まってきてしまい、ストレスで疲れてしまう状態に逆戻りです。
しかし、最近は仕事でストレスが溜まるのは当然のことと開き直ってきています。
人はストレスゼロということはないです。

日々の生活を送る中、誰しも多かれ少なかれストレスを抱えているものです。
そんなストレスを少しでも軽くするために、私はノートに書きだすという方法をとってみました。

私は幼いころからなんでも気にしすぎてしまうタイプでした。

成人してからもそれは変わらず、人の視線やちょっとした会話、小さなことでも大きなストレスになってしまう…。
なんとかこの気持ちを軽くしたいけれど、誰かに相談するには共感を得にくいこともわかっていました。

そんなとき、私は頭の中のモヤモヤをノートに書くことにしています。
とにかく感情のままに、むかついたこと、つらかったこと、ストレスの原因をただ書いていきます。
そうしてノートに書くことがなくなってきた頃には、不思議と気持ちがスッキリしていました。

紙に書きだすということは、自分の中だけにあった感情を外に出すことでもあります。
溜めこんだストレスを言葉にし、客観視することで、自分の気持ちを整理することができました。

よりキレイを目指す“あなた”にお奨めしたい美容液♪

一回使っただけで肌の違いがわかる美容液のすごさ

肌の悩みは、常に毛穴の黒ずみとニキビ対策でした。思春期に同じ塾に通っていた子から「毛穴すっごい黒いね。
ケアしてないの?信じらんない」と言われてから、雑誌に載っている美容方法やケア特集を読み漁り、果ては化粧品の作り方まで書籍を買い込んで勉強しました。
かいがあったのか、成人式頃になると肌の綺麗さを褒めてくれる声が多数あり、努力が報われた気がしてとても嬉しかったです。

毛穴の汚れ落としやニキビ対策のために始めたことが、結果論ですが色白でふわふわのプルプル肌にしてくれていたようで、
肌理も細かく化粧のノリも良い状態でした。このままケアを続けたら歳を重ねても大丈夫だと考えていました。

しかし、27歳頃、仕事が忙しかったことや度重なるストレスに悩んでいたこともあり、急に肌の肌理が崩れ肌の色もくすんでいきました。
職業柄、対人率が高く身だしなみへのチェックも厳しかったこともあり、周囲の人からも「もう少しケアを気に掛けられないの?」と言われました。

高いケア商品を使っても肌に合わなければ使えず、安い商品だとケアへの限度がすぐにきてしまうのでマメに対処しないといけず、コストも時間もかかってとても苦労しました。
そんな時にいつも使っているケア用品の販売員さんから「美容液は使ってますか?」と聞かれて驚きました。
私のイメージでは美容液は還暦を迎えてから使うもので、深いシワがあるわけでもないのに使う発想はありませんでした。

正直に話すと大笑いされて「今時10代の子でも使っているんですよ」と言われました。
カルチャーショックと時代をよめていない自身の能力の低さに唖然とし、言葉になりませんでした。
販売員さんは落ち込む私に笑ってしまったことのお詫びにと美容液のテスターを下さったので3日間使ってみました。
一回使っただけで違いがわかるほどの効能に驚きました。

嘘のような話ですが、肌理がググっと動いたことを感じるくらいの即効性で、今までの苦労はなんだったのだろうかと思うほどでした。
美容液を使い切った頃には以前よりも肌が若々しく5歳くらい若く見られるほどの効果がありました。
持続性もあるので肌が疲れたら使うくらいでコスト面でも不安がありません。

ユレイルスパークリングパックの口コミを確認する