ウォータースポーツとメイク

以前頻繁にウォータースポーツをしていた頃にとても困ったこと。それはお化粧のウォータープルーフ問題。

私がやっていたのはスキューバダイビングだったので、どうしても顔まで水につかります。しかもある程度の水圧がかかって、さらに顔に直接触れるマスクをしたりするので、メイクにとっては結構過酷な状況でした。

スキューバダイビングには必須の、レギュレーターという水中で息をするための機材があるんです。背中に背負った空気のタンクにホースでつながっているんですが、咥えるところが樹脂製だったので、これが素材的に口紅をくっつけるんです。べっとりと。暖かくなったマグカップよりひどい。なので早々に口紅は諦めることになりました。

口紅は諦めるとして、困ったのがアイメイク。いろんなものを試してウォータープルーフに変えたんですが、例えば、マスカラやアイライナー。ただアイシャドーは、今はあるかもしれないんですがその時は見つけることができなかったんですね。しかもアイシャドーって水に流れると結構悲惨。変な色が顔に流れちゃう。最終的には、多少流れても目立たない明るいブラウン系に落ち着きました。万が一流れてしまってしまっても変なところに変な色がつかないようにしました。ブラウン系なら、「ん?光線の加減?」で済む気がして。

ウォータープルーフが見つかったと言っても、マスカラは要注意でした。
マスクの着脱の際などにどうしても水が目にかかるので、つい手が自然に水を拭ってしまう。目に海水が入るのを避けようという本能が働くんでしょうね。なので、濡れた状態のマスカラを触ってこすってしまうことに。となると、どうしても取れて顔についてしまう。顔もそのままこするので。というわけで、口紅同様、そのうち諦めてマスカラもしなくなりました。だって、マスカラがまつ毛から離れてあちこちに付いちゃうよりは、薄いまつ毛のほうがまだ格好悪くない。苦渋の選択だったけど。

そんな過去があるので、最近は「まつげ美容液」があるので、まつ毛自体を育ててマスカラなしで済ませるという選択肢があるみたいで羨ましいです。ただ、ウォータースポーツをする場合は、どうしても目の中に入ってしまう恐れがあるので、まつ毛専用に開発された余計な添加物が入っていない、刺激のないものをおすすめします。

例えばこちら

自分の機嫌は自分でとるのが一番

一つ悩んでいたことが解決できたと思えば、すぐにまた新しい悩みの種が生まれてしまいます。
どんな時でも日々の中はストレスと隣り合わせでできているような気がします。
その原因は良くも悪くも人とのがりなのではないかと思います。
無意識のうちに人に何かを期待してしまうから、思ったことが返ってこないとイライラしてしまう自分がいます。

このイライラを分かってほしい、無くしてほしいと思い、相手に求めて分かってもらえないとイライラしてしまう、そんな堂々巡りの日々でした。
そこで私は、自分のイライラを人に分かってもらうことをやめました。
一人で大好きなスイーツを食べる、お気に入りの場所で何も考えず美味しい空気を吸って目を閉じてみる、
漫画を片っぱしから読み漁る、そんな時間は悩んでいることから自然と解放されていることに気づくことができました。
誰かに何かをしてもらうこともいいと思いますが、自分の機嫌は自分でとるのが一番だと今は思っています。

私は10代の頃から血圧が低く(現在40代)上が70台で下が40台です。
医者に「歳を取ったら治る」と言われましたが歳を取った現在治っていません。
もうこれは体質だと諦めています。
なので朝起きるのが辛いです。
なのに5時には起きなければいけない生活をしています。

フルタイムで仕事をしているので、仕事から帰ってきてお風呂入って寝るだけで良いなら早く寝て睡眠時間を確保出来ますが、主婦で子供がいるのでそうもいきません。
早くても寝るのは11時になってしまいます。
そういう訳で休日はゆっくり起きてご飯食べてお昼寝もたっぷりするのが至福の時間です。
歳を取るとあまり寝られないとよく言いますが一日中寝ていられます。

それと毎日YouTubeを見るので、ゴロゴロしながらYouTubeを見るのがたまらなくストレス発散とリラックス出来ます。
何も考えずに動画を見ながら携帯でゲームなどをやるのが本当に心も体も休まり明日からまた頑張ろうと思えます。

敏感肌のあなたにも健やかな肌をサポートするトライアルキット!