保水力バツグンの「天然ヒト型セラミド」バリア機能改善効果は?

化粧品を使用している女性はもちろん、化粧品に縁のない男性でも「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」の3つは、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」は全て肌の保湿成分を担うもので、肌のバリア機能を強化し、うるおいを与えるための成分です。
化粧品の成分として目にする機会が多いこの3つはその扱い方は似ていますが、セラミドのみが他と大きく違う性質を持ち、肌から直接摂取するという方法が有効です。

現在、食品や化粧品に使われるセラミドには、「天然セラミド」「ヒト型セラミド(天然型)」「天然ヒト型セラミド」の3種類あります。
「天然ヒト型セラミド」は、ヒトの皮膚に存在するセラミドと同じ構造なので肌になじみやすく、純度は90%、本来の保湿力を発揮します。
細胞間脂質は、天然保湿因子が抱え込んでいる水分をサンドイッチのように間にはさみ込み、水分を逃がさずしっかりつかまえてくれます。
セラミドがたっぷりあると角質層はうるおいで隙間なく満たされ、紫外線やほこりなど外からの刺激を跳ね返せるようになり、角質層のセラミド本来の働きをサポートすることで、肌バリア機能をバックアップします。
「天然ヒト型セラミド」の保水力・バリア機能改善効果は合成ヒト型セラミドの3倍、天然植物セラミドの15倍なのです。

「天然ヒト型セラミド」は、㈱ジェヌインR&Dが世界で初めて発見・素材化に成功し特許を取得した、醸造発酵粕から精製した世界初のヒト角質層に存在するヒト型のフリーセラミドです。
セラミドは年齢を重ねるごとに減少し、30~40代から急激に減り始めます。
セラミドが減少するとバリア機能が弱まり、肌表面から水分が外へ逃げて乾燥し、シワ・たるみ・くすみなどの原因になります。そのため、紫外線や細菌などの外からの刺激を受けやすくなり敏感肌やアレルギーなどが起きやすくなってしまいます。
アトピー性皮膚炎の肌では、天然ヒト型セラミドを塗布したところ、合成セラミドよりもバリア機能改善効果が高く、塗布4週目に大幅に改善したことが実証されたということです。

SNSなどで話題の「天然ヒト型セラミド」を配合したオイルは、オイルの働きで肌を柔らかくし、素肌と同じセラミドを奥まで浸透させてくれます。肌にやさしい低刺激処方ということなので、肌が弱い人でも安心して毎日のスキンケアに加えられますね。

天然ヒト型セラミド配合「ピュアセラ美容オイル」の効果を見てみる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です