パウダーファンデーションが日焼け止め

UVケアといえば真っ先に思い浮かぶのは日焼け止め化粧品ですよね。
でも、過信は禁物ですよ。
意外と知られていない落とし穴は、日焼け止めは適切な量の使用量をしっかりと守らないと、期待するような効果が得られないようです。
日焼け止めのSPFの数値は、皮膚1cm2あたり2mgの日焼け止めを塗ったときの効果として測定されているようなんです。
これは顔全体に塗るとすると、肌がべたついたり白く浮き出たりして大変です。
実際には、その半分から5分の1くらいしか塗っていない人が多いようです。
つまり、今より何倍も多く塗らないと、期待通りの日焼け止め効果は期待できないということになります。
実際に、日焼け止めは毎日似っていたのに、40代になってシミがいっぱい発生して、ショックを受けるなんて人も多いようです。
日焼け止めは薄く塗れば効果がなくて、厚く塗れば、毛穴をふさいで肌に負担がかかってしまいます。
汗で流れれば日焼け止めの効果は落ちるし、ウォータープルーフは汗には強いけど、肌に負担がかかるしなどと、いろいろな問題を抱えてしまいます。
結局、日焼け止めだけに頼って毎日の紫外線防御をするのは難しいということになりますね。
そこで日常の紫外線対策におすすめな化粧品が、パウダーファンデーションだそうです。
パウダーファンデーションのパウダーの粉の成分が紫外線をはね返して、日焼け止めと同じの効果を発揮するんだそうです。
日焼け止めを毎日塗ると肌に負担になりやすいので、その代わりにパウダーファンデーションを使ったほうが肌に負担をかけないで、確実にUVカットできるようなんです。
また、塗りなおしも簡単ですね。
ちなみにリキッドファンデーションやクリームファンデーションでもある程度はUVカット効果は得られるようなんですが、パウダーファンデーションに比べれば顔料の密度が低いので、日焼け防止効果はパウダーファンデーションより劣るようです。
私は少し前まではパウダーファンデーションだったんですが、今はジェルクリームファンデーションを使っています。
このジェルクリームファンデーションも日焼け止め効果があって1つのファンデーションで
・日焼け止め
・化粧下地
・コンシーラー
・フェイスパウダー
・ファンデーション
の5役をカバーしてくれるのでメイクが楽になったし、日焼け止め効果もあるので使っています。
ファンデーションなのに保湿もしてくれるので気になる方はこのサイトを参考にすると良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です