紫外線はダメ

シミを防ぐには極力紫外線を浴びない
シミができる一番の原因は紫外線ですよね。
表皮の基底層の部分にメラノサイトという細胞があって、紫外線を浴びることでメラニンという黒褐色の色素を作り出してしまいます。
メラニンは皮膚にとって必要なものなんですが、紫外線をいっぱい浴びることによって過剰に作り出されてしまい、排泄されなくなるとシミになってしまいます。
紫外線には、いつもどおり気をつけていたつもりなのに、突然シミができてしまうのはなぜなんでしょうね。
今できてしまったシミのもとをたどると、意外にも、子どものころから浴びていた紫外線の積み重ねが原因なようです。
生まれたときから紫外線を浴びるたびに肌の深部が傷つけられて、若いうちはまだ紫外線を浴びた影響は目に見えないんですが、そのダメージが積み重なって、ある日コップの水があふれるようにシミとなって表年かしてしまうそうです。
つまり、気にとめないような少しの紫外線でも、ダメージとして蓄積されていくということですね。
屋外でも長時間過ごす場合だけでなく、私たちは普段の生活でも知らないうちに紫外線を浴びていて、曇りや雨の日でも油断は禁物ですね。
買い物や洗濯物を屋外に干すときなども、日焼け止めを塗ったり、帽子かぶったりして肌を守らなければいけませんね。
UVケアは一年を通してしっかりすることが大切ですが、一年のうちでは4月~9月、1日のうちではAM10時くらいからPM2時くらいが紫外線がもっともおおいようなので、特に注意しなければなりません。
紫外線は屋内にも届くようですので油断は禁物
紫外線はガラスを通過します。
なので、室内や車の中にいるときにも、UV対策は必要になります。
日差しが強い日には、カーテンやブラインドなどをしたり、車の場合は遮光フィルムをガラスに貼ったりして対策しましょう。
シミの原因は生活習慣の中にもある
ストレスがたまると自律神経のバランスも乱れます。
すると交感神経が優位な状態が続いて、活性酸素が多く発生して、シミもできやすくなるそうです。
ベータカロチンなどのビタミン類は活性化酸素を除去するのでストレスを感じた時は緑黄色野菜を普段より食べるようにするといいようです。
さらに内蔵機能の低下もシミの原因となるようです。
逆に内蔵機能を改善させることで、できてしまったシミが薄くなることもあるようです。
私は最近シミが気になり出していて、シミ対策をしています。
私のシミ対策は、やっぱり紫外線浴びないことですね。
外に出る時は日焼け止めクリームを塗って、日傘は欠かせません。
ですが若いころ陸上をやっていたので紫外線は浴びまくっていました。
若いころの紫外線が原因で今シミが気になりだしたんでしょうね。
できてしまったものはしょうがないんで、シミに効果があるって評判のオールインワンを知ったので購入しようと思いいろいろ調べてみたら、私が欲しいオールインワンは通販でしか購入できないことが分かりました。
私が購入したオールインワンはこちらのサイトを参考にしました。
良かったら試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です